女性

自販機の設置で高額な利益をゲット!設置場所を考慮する

バリアフリーのメリット

自動販売機

設置しておけば便利な自販機は、設置環境によっては機能性のことも考慮した方がいいでしょう。なぜなら、ジュースを購入する人は、健全者ばかりではないからです。ケガや病気によって満足に体を動かせないという人もいます。あるいは、障害によって不自由な生活をおくっている人もいるでしょう。そのような人がいるというのを考慮してバリアフリー型の自販機にするのはいかがでしょうか。バリアフリー型を設置しておけば、どんな人でも気軽に購入できるのは間違いありません。もし、オフィス内でハンデのあるスタッフが所属している場合には、気軽に購入しやすいバリアフリー型のものにするのが最適です。また、病院や介護施設といった医療福祉関連の施設なら、複数台設置しておけば施設内で気軽にジュースが購入できるようになるでしょう。

バリアフリー型の自販機は、どのへんがバリアフリーなのかというと、コインの挿入口や購入ボタン、商品ディスプレイの面に関することです。車椅子を使って生活をおくっている人がいることを考慮して、比較的低めの場所に購入ボタンやコイン挿入口のシステムを持ってきています。また、商品ディスプレイにも番号が記載されてあるので、低い位置にある番号付き購入ボタンを押下すれば簡単に好きなものが購入できます。ありとあらゆることを想定して作られているバリアフリー型自販機なら、設置しておけばどんな人でも気軽に購入できるのは間違いありません。